給湯器を設置してくれる千葉に対応した業者のガイド集

HOME » 知っておきたい!給湯器の基礎知識 » 賢い給湯器の選び方

賢い給湯器の選び方

ガス給湯器の選び方について解説しています。

賢いガス給湯器の選び方

給湯器の種類や給湯能力・設置場所・お湯張りのタイプなど、給湯器を選ぶ前に知っておきたい情報をまとめてみました。

給湯器の種類

給湯器と一口に言っても、機器によって能力や機能に差があります。交換する際は必ず、今使っている機器の種類を確認しましょう。

  • ガス風呂給湯器
    機能:給湯+追い焚き
    ガス給湯器と風呂沸かしの機能がひとつになったタイプです。お湯を使いながら、風呂の追い焚きも可能なタイプです。
  • 給湯暖房熱源器
    機能:給湯+追いだき+温水暖房
    追い焚きや給湯はもちろん、床暖房や浴室暖房乾燥機などの暖房機具への温水供給も1台でできるタイプです。
  • 給湯器
    機能:給湯
    シンプルなタイプの給湯器です。お風呂の追い焚きはできません。

お風呂沸かしのタイプ

現在主流となっているのは「追い焚き」機能がついたガス風呂給湯器。そのなかでもお風呂沸かしのタイプは2種類に分けられます。

  • オートタイプ
    スイッチひとつで「お湯張り」・「追い焚き」・「保温」が自動でできるタイプ。お湯が少なくなったときは「足し湯」ボタンを押すと、約20リットルのお湯が足されます。
  • フルオートタイプ
    オートタイプの機能に「自動足し湯」機能が追加されたタイプ。追い焚き配管の掃除をする「風呂配管クリーナー」機能がついた、さらに高性能な機器も。

給湯器交換後の不便をなくすためにも、いま使っている機器の機能は必ず確認しましょう。

号数の目安

給湯器を選ぶ際に、一番大きな基準になる号数は、「水温+25℃のお湯を1分間に何リットル出せるか」という給湯能力を示すものです。

一般に号数が大きい機器ほど一度に使えるお湯の量が多くなりますが、冬場は水温が下がるため夏に比べるとお湯の出る量が少なくなってしまいます。

  • 16号(1~2人家族におすすめ)
    シャワー程度であれば年間を通して使用できます。
  • 20号(2~3人家族におすすめ)
    冬以外であればシャワーと台所での同時に給湯できます。
  • 24号(4~5人家族におすすめ)
    1年を通じてシャワーと台所のほかにもう1ヶ所、計3ヶ所で同時に給湯できます。

ここで挙げたのはあくまでも目安です。また、配管条件によっては設置できる号数が制限されることもあるようです。

設置場所

  • 屋外壁掛型
    一戸建て住宅・マンションのPS(パイプスペース)扉内やベランダなどの壁へ設置するタイプです。給湯器の下から配管が出ています。
  • PS設置型
    マンションの玄関横のPS(パイプスペース)に設置するタイプです。
  • 屋外据置型
    一戸建て住宅向きで地面やブロックに設置します。ほとんどの場合、マンションには設置はできません。給湯器の側面から配管が出ています。
  • 屋外浴室隣接型
    一戸建て住宅に設置。給湯器の裏から浴槽に向かって配管が2本出ています。

給湯器選びのポイントは、現在使用しているタイプをまず確認することです。いま使っている給湯器の機能・能力で不都合がなければ、少なくても同程度以上の機能・能力を持った機種を選ぶといいでしょう。

「いまよりもっと高性能なものを!」・「新しく取り付けるから適正な機器がわからない」という場合の相談先は、専門家である給湯器の交換業者がおすすめです。

 
千葉県の給湯器設置業者・比較ガイド